ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< October 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

Evernoteのタグは要らない!?

2013.11.24 Sunday



Evernoteにはノートブックの他にタグというノートを分類する機能があります。以前は私もタグを使いこなそうと試行錯誤しましたが今は使わなくなってしまいました。

タグとノートブックとの違いはノートブックは1ノートは1ノートブックにしか入れれませんが、タグは1ノートに複数のタグをつけることができます。ということはあるノートをAというカテゴリーで分類して管理することもできるしBというカテゴリーで分類して管理することもできます。ノートブックの代わりにタグで分類するのはありだと思います。私は既に1300以上のノートを作ってしまっていて、ノートブックで分類しています。それを一からタグで分類し直すことは億劫過ぎますのでやりませんが。



私がタグを使わなくなってしまった一番の理由は付けるのが面倒くさいからです。また、私の場合はノートブックで分類すれば事が足りてしまい、タグをわざわざ付けても後で使うことがあまり無かったからです。ノート数の少ない方は、ノートブックかタグかどちらかでノートを分類すれば十分なのではないでしょうか。



私がこれから実践しようと思っている使い方があります。それは全てのノートにタグを付けるのは面倒くさいので諦めて、あるノートブックの中でさらに細かく分類したい時だけ使おうと思っています。サブフォルダー的な使い方です。
「このノートとこのノートとこのノートはセットで呼び出せるようにしたいな」
って時に適当なタグを付けて分類しておけば、後になっても役に立つことがあるのではないかと思っています。

紙の手帳はもう要らない!?

2013.11.24 Sunday



近くの本屋さんの店頭に来年の手帳が並んでいました。もうそういう時期なんだなと思いました。
皆さんは手帳を使っていますか?私は数年前から使わなくなってしまいました。理由はデジタルツールへ完全移行してしまったからです。メモはEvernote、スケジュール管理はGoogleカレンダー、タスク管理はToodledoでしています。そして、スマートフォン(特にGalaxyNote)の出現により、どこでも手軽に入力できるようになりました。手帳を使っていた頃より遥かに効率的になったと思っております。今回はデジタルツールと紙の手帳を比較してみたいと思います。

【デジタルツールの利点】
  1. 携帯しやすい
  2. いくらでもデータを入力できる
  3. 検索機能
  4. 通知機能

1.携帯しやすい
手帳を常に持ち歩くことはなかなか難しいです。私も挑戦してみたことがあるのですが続きませんでした。私はバイブルサイズの手帳を使っていたのですが、大きすぎてポケットに入らなかったのが一番の原因だったと思います。しかし、あまり小さいのだと書くスペースが制限されてしまう。携帯性とスペースを鑑み、「手帳術」の本などを参考にして最もポピュラーなサイズということでバイブルサイズを買いましたが若干失敗だったかもしれません。

一方、スマートフォンならどこにでも持ち歩くことが出来ます。私は外出する時はもちろん、家の中を移動する時、倉庫に荷物を取りに行く時でも常にスマートフォンを持ち歩いています。メモしておきたいことをいつ思いつくか分からないからです。



2.いくらでもデータを入力できる
1年毎に手帳を買い替える方がいらっしゃいますが、私はこれには異論があります。昨年や一昨年にしたメモが必要になることがあるからです。また新しいとか古いとかには関係なく常に手帳に記しておきたい情報や言葉もあります。それを毎年書き直すのは億劫に感じます。したがいまして、手帳を使っていた時はルーズリーフ型のものを使っておりました。これならノートの順番を入れ替えることも出来ますし、常に必要なメモはずっと手帳に置いておいて、スケジュール帳など次々に更新されるものだけを入れ替えれば良かったのです。

しかし、手帳にはさんでおけるページ数には限界がありますので定期的に不要になったページは取り外して家に作ってあるボックス(手帳基地)に移していました。この作業も若干面倒くさかったです。

それと比べてデジタルデータならばいくらでも保存することが出来ますので情報整理の手間が大幅に軽減されました。また、手帳には保存しにくい情報も保存できるようになりました。例えばWebページのクリップとか、写真とか。Webページをプリントアウトして手帳に貼って保存したり、写真を現像して手帳にはさんでおくことは気軽には出来ませんが、デジタルツールならば超気軽にできます。



3.検索機能
デジタルツールにはほぼ必ず検索機能が付いています。

例えばEvernoteの検索機能は強力ですので、情報が膨大になってきても必要な情報に素早くアクセス出来ます。精度はそれほど高くありませんが画像の中に写っている文字も読み取ってくれて(OCR)検索で引っ掛けることも出来ます。
「あれ、どこにメモしておいたかな」
って時はEvernoteを検索すれば出てくるという安心感はGoodです。



4.通知機能
スケジュール管理をする時に通知機能があるのは便利です。作業に熱中し過ぎて時間を忘れても大丈夫ですし、スケジュール帳を確認するのを忘れていても予定時間の何分か前になれば音で知らせてくれます。




【デジタルツールの欠点】
  1. 入力がしづらい。
  2. さっと任意のページが開けない。

1.入力がしづらい。
デジタルデータを保存するにはテキストを入力しなければなりません。それに手間と時間がかかります。また、図形や絵で記して保存しておくこともキビシイです。紙の手帳だと使い慣れたペンで「書き込む」ことが出来ます。

しかし、この不憫さはGalaxyNoteの登場によってかなり軽減されました。紙の手帳と同じように文字や図形、絵も書いて入力することが出来ます。まあ、紙の書き味や記入のしやすさには敵いませんが。


2.さっと任意のページが開けない。
紙の手帳ならそれほど情報量が多くなければ、任意のページをさっと開くことが出来ます。例えばメモのページをさっと開いて、さっとメモすることも可能です。スマートフォンは速く便利になりましたが、それでもメモアプリを開くまでに時間がかかってしまったり、任意のファイルを探し出すのに時間がかかってしまったりします。




以上のような点を総合的に判断して私は紙の手帳は使わず、デジタルツールを利用するようにしています。



下記は私が以前使っていた手帳です。

EvernoteのデスクトップアプリとWebクリッパー

2013.11.20 Wednesday

top.png

Evernoteを使い始めたら当然のようにデスクトップアプリをダウンロードしましょう。Windows用、Mac用、両方用意されています。

私はWindowsを使っていますので Evernote for Windows というデスクトップアプリをダウンロードしています。無料でダウンロード出来ます。

Evernoteにはブラウザーを使ってWEBサイトからアクセスすること出来ますがデスクトップアプリの方が反応が速いので便利です。






そして、もう一つ。Webクリッパーというアプリもダウンロードしておきましょう。インターネットエクスプローラー、Firefox、Chrome、それぞれのものが用意されています。私は3種類すべてダウンロードしていますが、メインで使っているブラウザーはFirefoxです。

これは、気になったサイトをEvernoteにそのまま保存できる機能です。Webクリッパーをダウンロードしてインストールすると、ブラウザーのアドレス入力欄の右辺りにEvernoteのアイコンが出てきます。それをクリックすれば今見ているサイト画面を保存できます。気になった記事、後から利用できそうな情報、お金ができたら買いたい商品などを保存しておくといいでしょう。

私はEvernoteを使う前はブラウザーの「お気に入り」(ブックマーク)にそういった情報を保存していたのですが、それでは「お気に入り」が煩雑になりすぎるので困っておりました。「お気に入り」に入れるまでもないが、とっておきたい情報というのはあるものです。そういった情報をEvernoteで管理するといいです。

保存の仕方は「記事をクリップ」、「ページ全体をクリップ」、「URLをクリップ」から選択することができます。

ぜひ使ってみてください。

docomo×EVERNOTEプレミアムキャンペーン

2013.11.19 Tuesday

mainimage672px.gif

今docomoのスマホを買うと、キャンペーンでEvernoteプレミアムの1年間無料が付いてくるのですが、その適用の時に気をつけなければ4,000円損してしまうことがあります。

というのは、docomoのスマホでアプリなどを使っているとEvernoteとの連携で
「エバーノートIDを作りますか」
というページが出てくる時があります。まだ、エバーノートを利用したことのない人はそのまま新しくIDを作ればいいのですが、以前から利用している人は普段自分が使っているエバーノートIDでログインしなければなりません。

テキトーに触っているとタップ1つ、2つでグーグルIDを使ってエバーノートIDが出来てしまいます。そしてまた、テキトーに触っていると
「Evernoteプレミアムの1年間無料キャンペーンを適用しますか」
という画面が出てきてタップ1つでキャンペーンが適用されてしまいます。

そう、つまり気をつけないと普段使っているエバーノートIDとは違うIDにキャンペーンが適用されてしまうのです。
「そのIDがプレミアムになっても…」
ってことに。


実はこれは私がやってしまったミスでして、皆さんは是非お気をつけ下さい。

とっておきのEvernote活用法を公開します!!

2013.11.17 Sunday

870689ff088e1b5b2f886f110e7d8386.jpg

これまで

00_インボックス
01_仕事
02_プライベート


のノートブック(フォルダー)を作ってノートを管理しましょうと書かせていただきました。今日はこれらのノートブック以上に大事なノートブックを提案いたします。それは

00_見返すノート

です。このノートブックには目標や価値観、心構え、注意メモなど何度も見返して心に刻んでおくべきノートを入れます。テンプレート仕事術を重視する私は「009_見返すテンプレート」というノートブックも作り、最もよく使い、最も重視するテンプレートをここに入れています。


私はこの「見返すノート」のノートブックの前に00_の数字をつけています。「00_インボックス」とかぶってしまうのですがこれには理由があり、苦肉の策でもあります。

こうすると

00_インボックス
00_見返すノート
01_仕事
02_プライベート


と私が意図した通りの並び順になります。「00_インボックス」は基本、出発点となるノートブックだから最初に持ってきたい。次に最も重要な「00_見返すノート」を持ってきたいのでこうしています。では、仕事とプライベートの最初の数字を1つずつずらして

00_インボックス
01_見返すノート
02_仕事
03_プライベート


とすればいいと思われるかもしれませんが、それは困ります。私は他に「Gmail」「Toodledo」「Toggl」といったネットサービスを使っているのですが全てのツールで

仕事は01_
プライベートは02_

で統一しているからです。まあ、改善の余地はあるかもしれませんがとりあえず私の意図した通りに並んでいるのでそれで構いません。




では、「00_見返すノート」の中身はといえば

▼00_見返すノート
001_目標・価値観・ミッション
002_心構え・ミスらないためのメモ
003_オアシスノート
004_ビジネスアイデア/気付き
005_見返すアーカイブ
009_見返すテンプレート


といった感じにしています。見返すノートは結論じみたノートばかりですので敢えて「見返すノート結論」は作っていません。

聞きなれない名称の「003_オアシスノート」ですが、ヘコんだ時に見ると元気になれるノートを入れておきます。子供のいる人でしたら子供の写真とか大好きなペットの写真、好きな言葉や名言を集めたノートなどを入れておくといいです。私には甥っ子と姪っ子がいて我が子のように可愛がってしまっているのですが、私はその子たちの写真を入れています(冒頭の写真)。




Gmail」「Toodledo」「Toggl」といったツールの使い方につきましては後ほど書かせていただきたいと思います。

ノートブックでフォルダー分けしよう その2

2013.11.16 Saturday

template.jpg

仕事のノートブックができましたら、次にプライベートのノートブックを作りましょう。


▼02_プライベート
021_プライベートアクティブ
022_プライベートアーカイブ
023_プライベート結論
024_プライベートテンプレート


こんな感じで如何でしょうか。基本のアクティブ、アーカイブ、結論の他にテンプレートを付け加えています。私がテンプレートを重視するのは「テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する」という本の影響です。ご興味のある方はお読みになってみて下さい。

最も大まかな分け方ですが「仕事」と「プライベート」に分けることができました。ノート数が少ないうちはこれでいいのではないでしょうか。ノート数がもっと多くなってきて、また他のノートブック名で分けたくなればノートブックを増やせばいいと思います。

私は
03_ルーチン
04_便利・効率的になること
05_いつかやる
06_読書
07_買い物
08_Sノート
10_保存

といったノートブックを作っています。

ノートブックでフォルダー分けしよう その1

2013.11.16 Saturday

evernote2.jpg

Evernoteに登録したノートの数が増えてくるとフォルダー分けしないとお目当てのノートがどこにあるのか分からなくなってきます。Evernoteではフォルダーのことを「ノートブック」と呼んでいます。今回は初心者にオススメのノートブックの分け方を提案いたします。

まず、

00_インボックス

というノートブックを作り、このノートブックをデフォルトのノートブックとしましょう。デフォルトとは「通常時」といった意味合いで、基本、出発点となるノートブックになります。ノートはすべて、まずはこのノートブックに保存します。

このようにする利点はノート登録の時は、どのノートブックに分けるかは気にせずにノート作成にだけ集中できます。そして、後でまとめてノートブック分けしていけばいいのです。

最初に二桁の数字とアンダーバーを付けているのはノートブックの並び順をコントロールするためです。当然若い番号ほど先に並びます。





次に多くの人は仕事をしているでしょうから

011_仕事アクティブ
012_仕事アーカイブ
013_仕事結論


を作りましょう。基本はアクティブ、アーカイブ、結論の3つです。そしてこの3つのノートブックをグループ(スタック)にするために012_仕事アーカイブを011_仕事アクティブの上にドラッグしましょう。するとグループ(スタック)になります。次に013_仕事結論を012_仕事アーカイブの下にドラッグしましょう。最後にスタックの名称を01_仕事に変えましょう。すると

▼01_仕事
011_仕事アクティブ
012_仕事アーカイブ
013_仕事結論


というふうになります。

各ノートブックの使い方を説明いたします。
011_仕事アクティブは現在進行形の仕事のノートを入れておきましょう。

012_仕事アーカイブは終わった仕事のノートを入れておきましょう。

013_仕事結論には自分なりの結論を記しておくと後の仕事に生かせます。


必要に応じて他の仕事ノートブックも作っても構いません。例えば
014_仕事テンプレート
というノートブックを作って、仕事の作業手順を記しておけば後に同じことをする時に作業手順を思い出せますし、仕事のスピードも上がりますし、自信を持って仕事に取り組むことができるようになります。

次はプライベートのノートブックを作っていくのですがそれは次回にお話させて頂きます。
 

Evernoteにどんなことをメモればいいのか?

2013.11.12 Tuesday

Screenshot_2013-11-12-11-53-47.jpg


具体的にはEvernoteに何をメモすればいいのでしょう。


まずネットショップ運営者ならばビジネスアイデアは必須でしょう。ビジネスに限らずプライベートなちょっとした気付きや工夫などもメモっておくと役に立つかもしれません。

それから目標や心構え、自分への戒めをメモっておいて何度も見返すといいでしょう。人間は自分の目標すらも忘れてしまいがちです。それどころか、「書く」ということをしないと目標が何なのかすらハッキリしないということもあります。

多くの方が仕事を重要視されているのではないでしょうか。ですから、仕事上の資料、収集情報、作成書類などを保存しておくと活用度は高いです。

仕事だけでなく誰しもプライベートな時間があります。買わなければいけないものとか時間ができたら観たい映画や読みたい本をメモっておくのもいいでしょう。

そして、私が重要視しているものは「わかったこと、自分なりの結論」を作文形式やテンプレート形式、チェックリストとして残すことです。こういうのを残しておくことによって、次は今よりも速く、上手く、自信を持ってすることができるからです。

 

Evernoteに何でもいいからメモを取ろう。

2013.11.12 Tuesday

evernote.jpg

ネットショップ運営のための具体的な方法論に入る前にどなたにでも役に立つデジタル仕事術からお話させていただきたいと思います。

まずは私が毎日使っているEvernoteについて。Evernoteとはどのようなツールでしょうか。簡単に言えばメモをとるためのツールです。

ではメモは取らなければならないのでしょうか。何かいいことがあるのでしょうか。私はメモはコマ目に取るといいことがあると実感しています。いいことを列挙すると

1、書くことによって思考がはっきりする。
2、「うっかり忘れた」なんてことを減らせる。
3、忘れても大丈夫という安心感を得られる。
4、覚えておくという脳のスペックを空けて、クリエイティブなことに使える。
5、以前と同じことをする場合にスムーズに作業を進められる。

といったところです。思いついたことはどんどんEvernoteにメモしていくといいと思います。メモしたアイデアの中に大成功できるアイデアが隠れているかもしれません。そんなアイデアも忘れてしまわないようにしたいものです。
 

全[1]ページ中[1]ページ目