ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

紙の手帳はもう要らない!?

2013.11.24 Sunday



近くの本屋さんの店頭に来年の手帳が並んでいました。もうそういう時期なんだなと思いました。
皆さんは手帳を使っていますか?私は数年前から使わなくなってしまいました。理由はデジタルツールへ完全移行してしまったからです。メモはEvernote、スケジュール管理はGoogleカレンダー、タスク管理はToodledoでしています。そして、スマートフォン(特にGalaxyNote)の出現により、どこでも手軽に入力できるようになりました。手帳を使っていた頃より遥かに効率的になったと思っております。今回はデジタルツールと紙の手帳を比較してみたいと思います。

【デジタルツールの利点】
  1. 携帯しやすい
  2. いくらでもデータを入力できる
  3. 検索機能
  4. 通知機能

1.携帯しやすい
手帳を常に持ち歩くことはなかなか難しいです。私も挑戦してみたことがあるのですが続きませんでした。私はバイブルサイズの手帳を使っていたのですが、大きすぎてポケットに入らなかったのが一番の原因だったと思います。しかし、あまり小さいのだと書くスペースが制限されてしまう。携帯性とスペースを鑑み、「手帳術」の本などを参考にして最もポピュラーなサイズということでバイブルサイズを買いましたが若干失敗だったかもしれません。

一方、スマートフォンならどこにでも持ち歩くことが出来ます。私は外出する時はもちろん、家の中を移動する時、倉庫に荷物を取りに行く時でも常にスマートフォンを持ち歩いています。メモしておきたいことをいつ思いつくか分からないからです。



2.いくらでもデータを入力できる
1年毎に手帳を買い替える方がいらっしゃいますが、私はこれには異論があります。昨年や一昨年にしたメモが必要になることがあるからです。また新しいとか古いとかには関係なく常に手帳に記しておきたい情報や言葉もあります。それを毎年書き直すのは億劫に感じます。したがいまして、手帳を使っていた時はルーズリーフ型のものを使っておりました。これならノートの順番を入れ替えることも出来ますし、常に必要なメモはずっと手帳に置いておいて、スケジュール帳など次々に更新されるものだけを入れ替えれば良かったのです。

しかし、手帳にはさんでおけるページ数には限界がありますので定期的に不要になったページは取り外して家に作ってあるボックス(手帳基地)に移していました。この作業も若干面倒くさかったです。

それと比べてデジタルデータならばいくらでも保存することが出来ますので情報整理の手間が大幅に軽減されました。また、手帳には保存しにくい情報も保存できるようになりました。例えばWebページのクリップとか、写真とか。Webページをプリントアウトして手帳に貼って保存したり、写真を現像して手帳にはさんでおくことは気軽には出来ませんが、デジタルツールならば超気軽にできます。



3.検索機能
デジタルツールにはほぼ必ず検索機能が付いています。

例えばEvernoteの検索機能は強力ですので、情報が膨大になってきても必要な情報に素早くアクセス出来ます。精度はそれほど高くありませんが画像の中に写っている文字も読み取ってくれて(OCR)検索で引っ掛けることも出来ます。
「あれ、どこにメモしておいたかな」
って時はEvernoteを検索すれば出てくるという安心感はGoodです。



4.通知機能
スケジュール管理をする時に通知機能があるのは便利です。作業に熱中し過ぎて時間を忘れても大丈夫ですし、スケジュール帳を確認するのを忘れていても予定時間の何分か前になれば音で知らせてくれます。




【デジタルツールの欠点】
  1. 入力がしづらい。
  2. さっと任意のページが開けない。

1.入力がしづらい。
デジタルデータを保存するにはテキストを入力しなければなりません。それに手間と時間がかかります。また、図形や絵で記して保存しておくこともキビシイです。紙の手帳だと使い慣れたペンで「書き込む」ことが出来ます。

しかし、この不憫さはGalaxyNoteの登場によってかなり軽減されました。紙の手帳と同じように文字や図形、絵も書いて入力することが出来ます。まあ、紙の書き味や記入のしやすさには敵いませんが。


2.さっと任意のページが開けない。
紙の手帳ならそれほど情報量が多くなければ、任意のページをさっと開くことが出来ます。例えばメモのページをさっと開いて、さっとメモすることも可能です。スマートフォンは速く便利になりましたが、それでもメモアプリを開くまでに時間がかかってしまったり、任意のファイルを探し出すのに時間がかかってしまったりします。




以上のような点を総合的に判断して私は紙の手帳は使わず、デジタルツールを利用するようにしています。



下記は私が以前使っていた手帳です。

コメント