ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< May 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫)

2014.07.10 Thursday

JUGEMテーマ:ショップブログ



只今「仕事の思想―なぜ我々は働くのか (PHP文庫) 田坂広志(著)」という本を読んでいます。文量もそれ程多くなく文章も分かりやすく読みやすいです。まだ、始めの方しか読めていませんが気になった部分をメモっておきたいと思います。

第二話「成長」から「仕事の報酬とは何か」について書かれた部分。

「仕事の報酬は、給料である」

「仕事の報酬は、能力である」

「仕事の報酬は、仕事である」

「仕事の報酬は、成長である」

上記は最初ほど程度の低い報酬であり、後になるほど程度の高い報酬となります。



大勢の方は給料を貰うために仕事をしていると思いますが、それだけでは「自分の時間を切り売りしてお金に換えている」ということになってしまうかもしれません。自分の命を切り売りしていると言ってもいいかもしれません。

しかし、仕事を一生懸命続けていくとスキルアップしていき、自分の能力が上がっていくことが嬉しくなってくる。

そして、能力が上がっていくと今まで出来なかったレベルの高い仕事や面白い仕事を任せて貰えるようになる。

そして、最も程度の高い仕事の報酬は自分の人間的な成長となります。人間的な成長とは具体的には「今まで見えなかった心の世界が見えるようになってくる」ことと著者は言っています。顧客や仲間の心理が読めるようになるまで仕事に熟練するということだと思います。心の世界が見えて顧客や仲間を楽にしてあげられ、その喜ぶ顔を見ることによって自分の成長を実感し成長の喜びを味わうことができるとのことです。



まだ始めの方しか読めていませんので、もう少し読み進みましたら改めて追記していきたいと思います。
 

スポンサーサイト

1970.01.01 Thursday

  • by: スポンサードリンク
  • -
  • 09:47
  • -
  • -

コメント