ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< January 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

お金に対する恐怖と欲望

2015.04.15 Wednesday

JUGEMテーマ:ショップブログ



行動の原動力となるお金に対する2つの感情があります。恐怖と欲望です。


恐怖とは「この仕事を失ったら生活していけない。」とか「ボーナスが貰えなかったら、住宅ローンが払えない。」といったパターンです。ブラック企業で嫌々なのに長時間労働している場合などは、完全に「恐怖」に突き動かされて働いていると言えると思います。

欲望とは「次のボーナスが入ったら、前から欲しかったあの商品を買おう。」とか「給料を上げて、家族にいい暮らしをさせてやりたい。」といったパターンです。恐怖に突き動かされて働くよりも、欲望に突き動かされて働く方がまだ健全と言えると思います。



しかし、お金のためだけに、お金への感情に縛られて働くというのはつまらないと思います。その辺りの事は以前にも書きました。




私は商売をやっていますが、商売人の仕事への原動力を1つ紹介したいと思います。それは「快感」です。


自分が「この商品は絶対売れるよ。」と思って仕入れた商品が本当に売れた時は快感です。嬉しいのです。儲かったお金で何かを買いたいというよりも売れた事自体が嬉しいのです。どの商売にも必ずと言っていいくらいこのような快感があると思います。だから辞められなくなってしまうのではないかと思います。
 

コメント