ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

ルンバに会話機能を

2014.06.07 Saturday



我が家でも大活躍のお掃除ロボット「ルンバ」ですが、これに会話機能を付けるといいと思います。昨日、ソフトバンクが人型ロボット「Pepper」を発表しましたが、この会話機能だけをルンバに搭載すると。そうすれば、掃除もしてくれるし会話もしてくれて一人暮らしのご老人とかにはいいのではないかと思います。

「ルンバ、居間を掃除してきて。」と言えば、居間を掃除してくれて

「ルンバ、ちょっとこっちに来て。」と言えば、そばに寄ってきてくれて話し相手になってくれる。

記憶装置も付けて、「今から言うこと覚えておいて。」と言えば記憶しておいてくれる。元々記憶はコンピューターの得意分野ですから。そして、もちろん通信装置も搭載されてクラウドに繋がっている。


と言うかおそらく10年後くらいにはそうなっているんじゃないかな。

SSDをトランセンド社のTS512GSSD320に替えようと思う。

2014.05.09 Friday

JUGEMテーマ:ショップブログ


ずっと前(1年くらい前)から容量不足で替えなければならないと思っていたのですが、ついに本当に替えようと思います。ストレスを感じるくらい動作がもたつくことが起きるようになってきました。

今もSSDで80GB×2のRAID0を組んでいますが、空き容量が32.7GB/148GBとなってしまっています。

新しいSSDはトランセンド社のTS512GSSD320にしました。安さに惹かれました。表示スペックもいいように思いました。耐久性が少し心配ですがこればっかりは使ってみなくてはわかりません。

TwisterPressure UCTP12P

2014.04.04 Friday

JUGEMテーマ:ショップブログ


新しい冷却ファンが到着し、取り付けを完了いたしました。静かになりました。このファンの音はほとんどしていないのではないかと思います。他にもたくさん冷却ファンを付けてしまっているのでどのファンの音かわからない悲しい

騒音が酷いのでティッシュを挟んでみた。

2014.04.02 Wednesday

JUGEMテーマ:ショップブログ



寿命が来たCPUの冷却ファンの騒音がうるさいのでティッシュを挟んでみました。少し静かになりました。只今、新しい冷却ファンをネットで注文していて到着するのを待っている状況です。

ブルーLED付きにするかどうかで悩みましたがLEDなしのものを注文しました。気に入ったやつにLEDが付いていなかったのです。

「誰に見せるというわけでも無いのでLED無しでも、まあいっか!」

ということで機能性、静音性重視にしました。



新しい冷却ファンは
ENERMAX社
TwisterPressure UCTP12P (静圧性能がすぐれた120mmツイスターベアリングファン)
にしました。

ファンコンが付いているし、特許を取得したツイスターベアリング構造を採用とのこと。私は「特許」という言葉に弱い。

冷却ファンが必要

2014.04.01 Tuesday

JUGEMテーマ:ショップブログ

メインで使っているパソコンから冷蔵庫のような音がしてうるさくて仕方がない。調べてみるとCPUを冷やしている冷却ファンから音が出ていることが判明。業務に支障が出るくらい気が散るので早急に交換したい。

ドラゴンボールに出てきそうな電動一輪バイク「RYNO」

2014.01.30 Thursday

JUGEMテーマ:ショップブログ

Google Glassに続いてドラゴンボールに出てきそうな商品を見つけました。Ryno Motors社が開発した電動一輪バイク「RYNO」です。

18時間もつYOGA TABLET 8(ヨガタブレット)

2013.12.02 Monday



ちょっと気になるタブレットを見つけました。「YOGA TABLET」。8インチと10インチがあるみたいです。バッテリーが18時間もつとのこと(8インチは16時間らしい)。スタンドが初めから付いているのはいいと思う。端っこの出っ張りが持つ時も指が引っかかって持ちやすいんじゃないかと思います。CPUとかメモリーとかの性能はあまり高くない模様。興味のある方はこちらでご確認下さい。

AppleTV(アップルTV)の効能

2013.11.30 Saturday



「おっちゃん、プリキュア観たい」

AppleTVがあるとテレビでYouTubeが観れるので、4才の姪っ子が私を頼ってくれます。私が最初のプリキュアの動画をかけてあげればその後は4才の子供でも関連動画のサムネイルをクリックして次の動画を観ることが出来ます。

AppleTVのリモコンにアップルの底力を感じる

2013.11.30 Saturday



AppleTVを使えばテレビでYouTubeが観れます。電子レンタルビデオを借りたりとかもできますが、まだ数回しか利用したことがありません。主な使い道はYouTubeです。

AppleTVのリモコンはシンプル。ボタンの数が少ない。そしてカッコいい。写真の左側のリモコンは我が家のテレビ(東芝REGZA)のものですが、ボタンの数がぜんぜん違う。普通リモコンを作る時は左のリモコンのようにしたくなってしまうのだと思います。なぜなら、それが普通、一般的、そうしないと機能を使いこなせないからです。




アップルのものづくりの特徴の1つに「選択と集中」があります。最も必要なものに絞って、そうじゃないものは思い切って切り捨てる。これは出来そうで中々出来ない。このAppleTVにもそういう部分があります。

例えば電源ボタンがない。普通に考えて電化製品には電源ボタンを付けたいですよね。でもAppleTVにはない。使わなければスリープ状態にはなりますが、電源は入ったまま。どうしても電源を切りたければコンセントを抜くしかない。

また、HDD(ハードディスクドライブ)が付いていない。以前のバージョンのAppleTVにはHDDが付いていました。しかし、思い切って切り捨てた。HDDが付いていれば動画やTV番組を録画することが出来ます。そんなことは誰にでも分かりますが、敢えて切り捨てた。そうすることでどうなったか。値段を劇的に下げることが出来ました。私の購入当時で8,800円くらいだったと思います。




さて、リモコンの話に戻りますとどんなに「選択と集中」をしたとしても現代の電化製品には様々な機能があり、それを操作しなければなりません。「ボタンの少ないリモコンがあればいい」ということを思い付く人は結構いるかもしれませんが、「思い付く」ことと「実現する」ことには天と地ほどの差があります。AppleTVがボタンの少ないリモコンを実現できたのはスティーブ・ジョブズを中心とする経営陣の思い切った経営判断とソフトウェアの開発力の高さがあると思います。

アップルが創業当初からやっているビジネスモデルはハードとソフトのセット販売です。その長年のソフトウェアの開発で培った技術力が活きているのだと思います。リモコンのボタンを押すのではなく、画面に映ったアルファベットを押して文字入力し動画検索するのです。また使える機能を絞り、その全てにアイコンを押すだけでアクセス出来るようになっています。アクセス出来るサイトは限られたサイトだけです。つまりAppleTVではネットサーフィンは出来ません。我が家ではほぼYouTube専用機となっております。



AppleTVはスマートTVと呼べるようなシロモノではありません。先述しました通り、使える機能は限られておりネットサーフィンも出来ません。アップルやグーグル、もしくはその他のメーカーからスマートTVが出る出ると言われて中々出ないのはソフトウェアの開発が難しいのだと思います。それとコンテンツを充実させることもです。アップルが得意とするのはハードとソフトのセット販売ですし、そうでなかったとしてもハードを売ってそれでおしまいでは面白くないし、利益も上がらない。当然、ハードを売った後のコンテンツ販売も考えて長期スパンでの事業を考えているはずです。実際アップルTVで借りられる電子レンタルビデオは数も少なく古いものばかりです。日本の著作権制度とかの関係でコンテンツ集めが思うように進まないのだと思います。



アップルやグーグルがどんなスマートTVを出してくるのかと思うとワクワクします。スマホやタブレットとの連携は当然ですし、音声入力操作が重要になってくると思います。アップルだったらSiri、グーグルだったらGoogle Nowの技術が利用されるのでしょう。どんなユーザーインターフェイスになっているのか興味をそそります。技術が進化して我々の生活がどんどん快適で便利になるといいですね。

足元あったかグッズ

2013.11.13 Wednesday

DSC01411.JPG


寒くなってきましたね。写真は去年買った足元あったかグッズ。これ1,000円〜2,000円くらいだったと思うけど結構役に立ってる。パソコンのUSBから電源をとれて、ほんのり温かくなります。

全[3]ページ中[2]ページ目