ブログメニュー

カテゴリー

検索

最新記事

カレンダー

<< February 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

記事一覧

コメント

プロフィール

リンク

Feed

管理者ページ

追跡!AtoZ「ヤミ金増殖・のみ込まれる中小企業」資金繰りが悪化

2015.05.18 Monday

JUGEMテーマ:ショップブログ




「イソノさんを破綻に追い込んだ闇金業者」というナレーションがありましが、闇金に手を出さなければならなくなった時点で破綻していると思います。違法金利と判ってて助けて欲しくて借りてるわけだからどっちもどっちという感じがします。

私自身、「闇金に手を出さなければならなくなった時点で会社は潰す」と肝に銘じておかなければならないと思いました。


それと、「期限内に職人に支払いをしないと信用を無くす。」といった話がありましたが、そこにあるのは「見栄」なんだよね。このような場合、まずは「支払いを遅らせてください。」と謝りに行くことをしなければならないと思います。正直に事情を話して謝って、それで遅らせてくれるかくれないかは相手の判断に委ねるっていう姿勢が大事だと思います。
 

5月は忙しい(T_T)

2015.05.18 Monday

JUGEMテーマ:ショップブログ



毎年5月は溜めてしまっている経理をしなければならないので忙しい(T_T)

しかも今年はたまたま他の仕事ともぶつかってしまって、ゴールデンウィークも1日も休みなしでした。ちょっと嫌気が差してきましたが、5月中は殆ど休めないような気がします(T_T)
 

NHKスペシャル63億人の地図6 失業率回復への道

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ





以前に「知識集約型産業に取り組まなければ未来はない!?」という記事で

 

ITに関しても不利な部分が無いわけではありません。例えば、ホームページ制作のような仕事は人件費の安い発展途上国のエンジニアの方が有利です。作るものが電子データですので、地理的にどんなに離れていてもインターネットを介して納品することができます。ですからITの世界でも単なる労働力になるだけではいけないと思います。人のWEBページを作るくらいなら自分のWEBページを作って自分で運営する方が良いと思います。必要ならば他人に自分のWEBページを作ってもらうこともありかと思います。





と書かせていただいたのですが、シリコンバレーではそんなことはとうの昔に現実になっていることを上記の動画で知りました。しかも、スタンフォード大学とかカリフォルニア大学バークレー校(孫正義社長の母校)などの超一流大学を出た人が失業している現実がありました。日本でもこういうことが起こっても不思議ではないと思います。
 

2重の搾取構造

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ




日本の労働者には2重の搾取構造があると思います。

1つは世代による搾取構造。もう一つは雇用形態による搾取構造。

1つ目の世代による搾取構造とは中高年層が若年層から搾取する構造です。2つ目の雇用形態による搾取構造とは正規社員が非正規社員から搾取する構造です。ですから、若年層で非正規社員にしかなれない人は取られっぱなしで凄く損な訳です。

私はこの不公平の原因は「終身雇用」という制度にあると思っています。今すでに正規社員の立場にある中高年層は終身雇用制度を支持して当然です。それは自分に利益があるからです。しかしその結果、若年層は非正規社員にしかなれなかったり、正規社員になれたとしても低賃金で長時間労働しなくてはならなくなります。

私は不公平を嫌います。生産性の低い人は正規社員であったとしても金銭解雇出来る仕組みを取り入れないと不公平です。企業は生産性の低い一部の中高年層を金銭解雇出来ないから、新たに若年層を雇用することも出来なくなります。つまり、雇用の流動性が低いのです。

日本には「過剰に守られている正規社員」と「過剰に守られていない非正規社員」がいます。このような不公平はおかしいと思います。
 

固定費と変動費

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ



このような言い方をすることは不本意ですが、正規社員は月給制ですので「固定費」になると思います。一方、非正規社員だと「変動費」に変えることが出来ると思います。仕事が無いのに決まった給料を払わなければならないのは会社にとってはかなりキツいことです。特に零細企業は売り上げの浮き沈みが激しい。連動して仕事の量の浮き沈みも激しい。

零細企業の場合、安易に正規社員を採ってしまうと必ず潰れると思います。完全に事業が軌道に乗ったことを確認してから採らないと必ず潰れると思います。
 

終身雇用の亡霊

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ



私は終身雇用という制度は今後崩れていく制度だと思っています。特に中小・零細企業に勤めていて「終身雇用」と思っている人は危機感がなさ過ぎます。少しおめでたいと言ってもいいのかも知れません。

数十年後には定年が延びて70歳くらいまで働くのが当り前の時代が来るはずです。とすると20歳から働き始めたとすると50年間くらいは働く訳です。その50年の間に中小・零細企業は無くなっている可能性が非常に高いのです。会社が無くなってしまえば当然失業します。したがって中小・零細企業に勤めている人は大抵転職を経験しなければなりません。ですから、他の会社に行っても通用する能力を身につけておかなければならない訳です。

大企業の場合は図体がデカい分、50年後も存続している可能性が高いです。しかし、トヨタや松下(パナソニック)でも景気が悪くなれば数千億円規模の赤字を出してしまう時代です。リストラというのも当然あり得ます。私は社長はリストラを回避するための最大限の努力をしなければならないとは思いますが、リストラをせずに会社を潰してしまう社長は無能だとも思います。

したがって、1社に依存し過ぎることは寧ろ危険だと思います。ダブルワーク、トリプルワークすることが当り前になりリスクヘッジにもなると思います。私がこのブログで再三勧めてきた「副業」をすることもその1つの方法だと思います。
 

最大のリスク

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ



現代社会において最大のリスクは、「人生を後悔すること」だと思うんです。

金銭的なリスクなんて、ある意味、大したことはない。


三木谷浩史
 

情報商材

2015.05.10 Sunday

JUGEMテーマ:ショップブログ



一時期に比べれば収まりましたが、「儲かる系の情報商材」というのが売られています。まあ大体「眉唾物」なのですが、ああいうのに引っかかってしまう人って先ほど書いた「ファイティング・スピリッツ」が全然無いと思うんです。楽して儲けたい、その儲ける方法も自分で考えるんじゃなくて人から教えてもらいたい。

「ファイティング・スピリッツ」が無いのではどんなやり方でも成功しないと思います。
 

ファイティング・スピリッツ

2015.05.09 Saturday

JUGEMテーマ:ショップブログ



起業家に必要なものは色々あると思います。でも一番必要なものは「ファイティング・スピリッツ」ではないでしょうか。闘う気持ちです。

ファイティング・スピリッツだけは絶対失ってはダメだ。
 

志高く

2015.05.09 Saturday

JUGEMテーマ:ショップブログ



私の好きなソフトバンクの孫正義社長が「志高く」とよく言っています。いい言葉だなと思います。


男でも女でも、名もない1人の人間の人生を何に賭けたところで世間は知ったこっちゃないでしょう。だからこそ自分の好きなこと、興味のあること、価値を感じることに賭けてしまっていいんじゃないかと思います。どんな結果になったところでおそらく世間は知ったこっちゃないです。
 

全[59]ページ中[3]ページ目